サービスのご案内

不動産売買サポート

相続財産の60%以上は不動産です。
不動産会社・税理士・鑑定士・相続コンサルタントが連携し、
あなたの不動産売買をサポートいたします。

亡くなっていた方が使っていた不動産を、相続後に処分しなければいけないことが多々あります。
その時には、数社の見積もりなどを勘案して売却のサポートを行っています。
また、不動産売却については、税金の問題も関わってきます。
例えば、売却をしたために健康保険料が年間100万円近い支払いになったりする事もあります。
売却額とともに、手元に残される「キャッシュ」も重要です。

通常の不動産会社と直接やりとりするのではなく、
当センターが窓口になる事で税理士や相続コンサルタントといった
専門家のアドバイスの元、安心して財産の処分をする事が出来ます。


不動産売買サポートの流れ

1. ご相談

納税のための売却相続前の換金代償分割といった相続に伴う換金など、
売買の目的と売却が適正な判断かを診断します。

2. 物件価格の概算

物件価格の概算価格をお出しします。
※価格はあくまで概算価格であり、売却が決まる価格ではありません。

3. 売却方針の決定

業者に売却か広く告知しての売却かなど、売却方針を決定します。
当グループの宅建業者と専属専任媒介契約を結んで頂きます。
売却の開始価格を決定します。

4. 買い主を探します

5. 換金します

※代償分割など相続手続きがある場合は、そのサポートをいたします。


不動産売買サポートに必要な書類

売却の場合
・不動産権利証
・購入時のパンフレットなど(マンションの場合)
・土地の測量図面や建物の図面等
・固定資産税の納付書、もしくは公課証明書
・その他の資産の概要がわかる資料
・相続人の状況がわかる資料(氏名・生年月日・続柄など)


料金

当社サポート料 100,000円+税
不動産会社仲介手数料 売買価格の3%+60,000円+税
ただし、3,000万円以上の不動産売却は当社のサポート料はかかりません。
不動産会社から支払って頂きます。


他社との大きな違いは、
「当グループのコンサルティング料が無料になる」と言う事です。

通常ですと数十万円かかるものが、紹介料として不動産会社より支払って頂くため
お客様は仲介手数料の範囲で支払いが済みます。
これは、直接不動産会社に相談するのと同じコストで、
コンサルティングも受けられる画期的な仕組みです。
また、案件に応じて不動産会社を使い分けるために、公平な売却活動が出来ます。
当グループが売り主の窓口となった場合も、数社の不動産会社を使います。

相続においての不動産売買は、一般の売買と違って
特殊な事情を考慮しなければならない場合が多くあります。
売却は手段であり、本当の目的は納税や分割にあるケースなどです。
よって、「不動産会社のみ」「税理士のみ」といった個別の対応では、
うまくいかないことが多く、お客様側のリスクも高まります。
当「不動産売買サポート(コンサルティング)」では、
不動産会社・税理士・鑑定士・相続コンサルタントで連携する事により
シナジーが効き、よりよいサポートが提供できます。

ご依頼の多さ:★★★★★



トラブル事例

「相続税対策のつもりが、先祖代々の土地をすべてダメにしてしまった」

相続税対策ということで、ハウスメーカーに言われるがままにアパートを数棟建てました。
いざ相続が発生してみると、納税額が数億円。
アパートには負債がついているため売却も出来ず、納税用の時間も足りず、
銀行から更に借り入れをするハメに...。
さらにハウスメーカーは「売りやすい土地から売りましょう」と提案をしてきて、
相続が落ち着いたころには収入も激減していました。
今では数個のアパートと売れない不動産のみが財産に。
先祖から守ってきた土地も、私がすべてダメにしてしまいました。



相続サロンが出版に関わった本の紹介 相続コンサルタント入門 「相続専門」のプロだけが知っている相続から家族と資産を守る61のポイント 「相続」専門のプロだけが知っている 家族に感謝される相続68のポイント この1冊で相続のことがまるごとわかる本


ページの先頭
に戻る

メールマガジン「相続」専門のプロだけが知っている知って得する、知らないと損する相続対策の登録 相続コンサルタント養成講座 士業向け相続メールマガジン