サービスのご案内

相続登記サポート

相続登記」は、相続人で不動産を取得する方(もしくはその代理人)が、不動産の所在地を管轄する法務局へ申請します。

相続登記

相続登記をしないままですと、二次相続が発生した場合などに相続に関わる人の人数が増え、協議がまとまりにくくなる可能性があります。

大切なご家族のためにも、相続登記は早めに済ませておきましょう。
当サービスでは、プロのコンサルタントが預貯金の凍結解除から、書類作成までサポートします。


サービスの流れ

1. 資料収集

必要書類を集めて頂きます。

2. 書類確認

書類の漏れなどを司法書士に確認して頂きます。

3. 相続登記

実際に相続登記を行います。
※必要の応じて遺産分割協議書の作成も行います。

4. 登記済証

登記済証(権利証)のお渡しと、報酬のお支払いをして頂きます。


料金

司法書士にお支払いいただくご料金
登記のみのサポート ※目安
【土地家屋(1筆)の場合】

基礎報酬 5,000円+60,000円=65,000円
【戸籍(1通)の場合】
基礎報酬 5,000円+1,000円=6,000円

※上記の報酬の他に登録免許税がかかります。
不動産評価額の0.4%(相続登記の場合)
※表示価格+消費税がかかります。
遺産分割協議書作成 30,000円+税
(相続が2人以内の場合の目安)
不動産の数、相続人の数、郵送または直接押印での回収など作業負担により費用が変わります。
事前に見積もりをご提出します。
※30,000円~50,000円がもっとも多い見積もり価格です。
凍結解除などの代理 30,000円+税
専門家により費用が違いますので、事前に見積もりを取得いたします。

当グループが窓口になった場合
相続税申告なし、相続人2人以内 30,000円+税
申告ありまたは相続人3人以上 50,000円+税

司法書士に直接ご依頼頂く場合は上記の費用はかかりません。
お客様の財産状況などを鑑みて選択して頂きます。


相続登記の手続きに必要な物

・登記申請書及びその副本(コピー)
・遺産分割協議書又は公正証書遺言、検認された遺言書の正本
・印鑑証明書(相続人全員のもの)
・固定資産税評価証明書
・相続関係を証明する戸籍謄本、除籍謄本、戸籍の附票、相続関係説明図
・不動産を取得する相続人の住民票、被相続人の除住民票
・登録免許税
・委任状(代理人による申請の場合)



内容を聞いて登記が必要な場合、そのまま司法書士を紹介する場合と当グループがコーディネートに入るケースがあります。
直接ご紹介の場合も見積もりなどのチェックいたします。

また、当グループが窓口になり、サポートすることも可能です。
わかりづらい部分などのご質問へも相続コンサルタントがわかりやすくお答えします。

ご依頼の多さ:★★★★




相続サロンが出版に関わった本の紹介 相続コンサルタント入門 「相続専門」のプロだけが知っている相続から家族と資産を守る61のポイント 「相続」専門のプロだけが知っている 家族に感謝される相続68のポイント この1冊で相続のことがまるごとわかる本


ページの先頭
に戻る

メールマガジン「相続」専門のプロだけが知っている知って得する、知らないと損する相続対策の登録 相続コンサルタント養成講座 士業向け相続メールマガジン